2016年10月02日

韓国ドラマ-女を泣かせて-相関図・キャスト情報の詳細について!

■今回ここで紹介する記事は・・・・キム・ジョンウン主演!一人息子を失った悲しみを抱えながら、元刑事の女性が奮闘する!戦う場所は自らの人生全て・・あるときは学校、あるときは家庭、あるときは不良のアジト。しかし最も厄介な敵は、自分の弱さと恋の道だった…。美しいロマンスと高度な作品性を結集した、不世出の話題作が参上!

韓国ドラマ【女を泣かせて】相関図とキャスト情報をお届けします♪

■出演俳優
キム・ジョンウン「恋人」/ソン・チャンウィ「シンデレラマン」
ハ・ヒラ「若者のひなた」/イ・テラン「私の心を奪って」/オ・デギュ「妻のリベンジ」

■挿入歌:Game Set/Dia
■脚本:ハ・チョンオク「私も行く」
■演出:キム・グンホン「イサン」/ パク・サンフン





<スポンサードリンク>








<韓国ドラマ-女を泣かせて-相関図・キャスト情報>


相関図
女を泣かせて-相関図.jpg
※画像引用元(韓国公式サイト)




キャスト


■キム・ジョンウン(チョン・トギン)
元強力班女刑事出身

一人息子が交通事故に遭って他界した。息子の死の後、勤めていた職場も辞め、息子が通っていた学校の前で飲食店をしながら、普段は人情良いおばさんだが、危機の瞬間には現れ暴力から子供を守ってくれるおばさんホン・ギルドンとして子供達の友達になった。子供たちとの戦争をする過程で、親の心で彼らに同情を感じるようになり恨んで共鳴していく過程で、息子を死に追いやる実体と向き合うことになる。


■ソン・チャンウィ(カン・ジヌ)
トギンが運営する食堂前の高校の教師

父の意志に基づいて政略結婚していた妻は、うつ病に苦しんで自害した。母の死が父のせいだと考えている息子は、息が止まる瞬間にも、父を許さないとひねくれ結局、力のない子供たちを苦しめるいわゆる「不良」になった。不慮の事故で柱を失った家でもなんとか暮らしていた彼の前にトギンが現れた。

初めて見た彼女は、善良で孤独に見えた。すべての話を聞いてくれそうな彼女の笑いが、彼女の笑いの背後に隠された寂しさが、深く暖かい眼差しが彼の胸に伝わってきた。まだ彼に誰かを幸せにしてあげることができる能力が残されているならば、どうしても彼女を笑わせてあげたかった。


■イ・スンジェ(カン・テファン)
ウジンF&T社主

原則的で強靭で正しい父として子供たちに愛情をよく表現できないが、家族や会社での責任感が透徹し、特に若い年齢で旅立った長男を一日も忘れたことがない。長男の死と関連した大きな秘密が隠されているが、一人墓まで持って行く決心をした。病弱だがヒョンソを後継者にと、早目に指名することで、家の中の混乱を防ぎたかったが、むしろ、より大きな意見の相違を呼ぶことになるが…


■ハ・ヒラ(ナ・ウンス)
ジンミョンの義理の姉、コスモスのような可憐さと高慢な品格が同時に感じられる人物

妊娠中、婚約者を失った時、義理の両親になる人は、子供を産んでくれることを望んだ。実家では、彼女を長男の嫁としてもてなしてくれたおかげで、子供を育てることができた。風格があり、穏やかな彼女の人生の唯一のコンプレックスは、病弱な息子である。

彼女の息子を会社の後継者として決定しようとするジンミョンに感服する。しかし、ホン・ランが報復でもするかのように夫を苦しめ、あげく夫から押し出され、家の中で義理の両親にとがめられると不思議に彼女には妙な安心感が訪れる。


■オ・デギュ(カン・ジンミョン)
カン会長の次男

一人の女性だけを愛した。しかし、彼と兄は一人の女性を愛し、彼女は兄を選択した。兄が彼女を残して亡くなった当時、彼女は妊娠状態であり、子供だけ産んで残すつもりだったが素晴らしい子供を置いて離れることができず、その家の人に残ってしまった。結局、彼は永遠に愛した女性を「義理の姉」と呼ばなければならなかった。他界した兄と兄嫁に対して申し訳ない気持ちで、残された甥を家の後継者として育てることを決心した後に彼の妻は彼を殺すように睨む。


■イ・テラン(チェ・ホンラン)
ジンミョンの妻、女優

華やかなルックスに花火のような性格を持っている。嫌がっていた男を死ぬほど愛して結婚したが、一生一人の男の空の殻だけ握って暮らしていた。息子よりも兄が残した甥が優先と、甥の方を持ち上げるために息子に恐ろしい目つきを送る男。父を理解できず、恨む目つきで、父の愛を請うたまま育った息子。ついに会社の後継さえ兄の息子で決まりにしようとする。夫の愛を望するほど死ぬほど苦しめたくなる。



●ジヌの家族


■ソ・ウリム(ミン・ジョンスク)
ウジンF&Tホステス、私学財団理事長。

普段は笑っているが、息子を前面に出した傷があり、急に厳しくなって冷ややかになる。嫁たちには決して侮れない姑だ。特に、第二の嫁ホン・ランの立場からは、遠慮なく嫁入り暮らしをさせる姑よりも酷い。


■チェ・ジョンファン(カン・ジナン)
ウジンF&T長男。

事故当時、助けれた一命はとりとめたが、自分が誰なのか名前さえ覚えることができなかった。今の妻がいなければ、トンネルのような苦しい歳月を生きていただろう。言葉はできないが、純朴で善良な妻とかけがえのない夫婦で、路上のトラックでたい焼きを売る暮らしだったが、不満もなく孤独も知らずに生きてきた。


■ハン・イソ(カン・ジニ)
カン会長の末娘。

家族の愛をすべて受けて花のように育てられたが、既婚男性と恋に落ちて、家の中を騒然とさせる。離婚を先送りしている彼の妻を説得してみようと初めて会った時、意外にみすぼらしい女なので、むしろ失望感がした。しかし、離婚をせずに持ちこたえるトギンを見て、彼の心にもまだ妻としての居場所が残っているかもしれないという考えを始めた。傷を共有した人だから、お互いへの思いやりは、永遠に忘れることができないようで、嫌な予感がする。


■パク・サンヒョン(カン・ヒョンソ)
ウンスの息子。

健康上の問題で大学院を休学して家にいる。ガラス工芸品のような繊細なルックスと心。愛は十分受けたが、どこかに陰があり、病弱な体と同じくらい心も弱い。男らしくたくましいミンソに男としてコンプレックスを感じる一方、ミンソが受けるべき愛を横取りした負債感も感じている。女性手を一度も握ったことがない彼が、自分の担当をして面倒を見てくれる看護師ヒョジョンと恋に落ち、母と恋人の間で葛藤する。


■シン・ジユン(カン・ミンソ)
ジンミョンとホンランの息子。大学生。

従兄弟ヒョンソとは裏腹に運動マニアな青年。ヒョンソに対する父の偏愛を理解することも受け入れることもなかったので、胸の片隅には、人知れず短剣が隠されている。より男らしく見せようと努力することで、弱いヒョンソのコンプレックスを刺激してきた。ジンミョンが大人たちを説得して、ヒョンソを後継にする構図を描こうとするとするので、父という人を死んでも理解できないようだ。


■ハン・ジョンヨン(カン・ユンソ)
ジヌの息子。高校生。問題児。

母が自害した原因を父だと判断した後、父とは目も合わさないようにする。家の名声と富を利用して友人の上に君臨して、力で弱者を苦しめることから快感を得てそれが父への報復だと喜んでいる。そんなある日、校長先生もむやみに触れない彼を、食堂のおばさんがたっぷり叩き叱る事件が起きる。このクレイジーおばさんは謝るどころか、ユンソのチンピラたちを一つずつ包摂しながら、それこそ音を上げさせる。



●トギンの家族


■キム・ジヨン(ポンレ)
キョンチョルの母。

裕福に育ったわけではないが、気を使うことができ情にも厚い。利己的な息子キョンチョルよりも、嫁のトギンをより頼って生きてきた。そのためキョンチョルが金持ちの娘と付き合うという話を聞いた時も、「あなたは財閥に行って暮らしなさい。私は嫁の胸の中で死ぬよ」ときっぱり語った。時には息子を制圧する断固とした面もあり、突然子もなく人を笑わせてくれる素朴なユーモアもあり、痛みを覚悟で命を懸けて息子たちを育て守ってきた母だ。


■チン・ソンギュ(ファン・ギョンス)
キョンチョルの兄。失業者。

学んだことも、出来ることない、キョンテと同様な人物だが、結婚もできず、老婆と弟たちに頼って住んでいる。それでも善良でおとなしい性格なので、一日一日幸せに生きようと努力する。トギンがこっそり差し入れてくれるお小遣いに感謝し、トギンが退勤する前に、温かいご飯を作って待ってたりした。トギンを誰よりもあわれみ、自分の幸せを探しに行くことができるよう応援してくれる、実家の兄のような人である。


■イン・キョジン(ファン・ギョンチョル)
トギンの夫。公認会計士。

痛みを克服するより無視しようとする卑怯なスタイル。早い年齢でトギンと結婚して妻が家族の生計を担ってくれたおかげで、会計士試験に合格することができた。妻に気を使っていたが、愛しようと努力した。そうするうちに迫ってきた息子の死。不幸の前に現れた隙間にジニが食い込んできた。トギンだけ切れば、残りの人生はこれまでとは全く異なることができると思った、縁を切るという事が考えていたより難しい。


■ジ・イルチュ(ファン・ギョンテ)
キョンチョルの弟。失業者。

学んだことも、出来ることもないが、人生のホームランが訪れることを待っている。目に妙な男性的な魅力が感じられ、付き合う女性が与える小遣いで窮状を生きてきた。看護師ヒョジョンの熱烈な愛を受けているが、結婚を約束できる状況ではない。金持ちの子孫である患者が看護師であるヒョジョンに関心を見せるという話を聞いて、幸せを祈ってヒョジョンをあきらめようとしたが、彼女は一生看護師の役割をし、彼を養うと言い付いてくる。


■ハン・ポベ(ファン・キョンア)
キョンチョルの妹。美容師。

苦労して美容師の資格を取ったが、ルックスのせいか、簡単に美容室に就職できず、近所の美容室でバイト。タオル洗いやシャンプーをしている状況である。それでもいつかは自分の美容室をオープンする夢を見て、誠実かつきれいに生きていく。トギンを実の姉のように優しく思い、トギンの犠牲の上に、皆が生きてきたことを、心深く感謝する。トギンに離婚を要求をするキョンチョルを憎む。




<外部リンク>
さらに詳しいキャスト情報(人物画像あり)はこちら←




<スポンサードリンク>








<女を泣かせて-あらすじ-全話一覧>
女を泣かせて-全話一覧はこちら←




<ブログ内おすすめ☆韓国ドラマ>

ホグの愛-全話一覧

我が家のハニーポット-全話一覧

それでも青い日に-全話一覧

オー・マイ・ビーナス-全話一覧

三銃士-全話一覧

イヴの愛-全話一覧

嵐の女-全話一覧

愛するウンドン-全話一覧

白夜姫-全話一覧

鳴かない鳥-全話一覧

上流社会-全話一覧

優しくない女たち-全話一覧

posted by 韓ドラ大好き☆トキ at 17:08 | 韓国ドラマ 各話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする