2016年12月23日

韓国ドラマ-愛人がいます-相関図・キャスト情報の詳細について!

■今回ここで紹介する記事は・・・すれ違う流れ・・失われた記憶・・暴かれていく闇!ほんのわずかなズレが、あらゆる人にあらゆる混乱を招いていく。それでも誰もが見つめるべき純愛は、たった一つしかなかった・・。凄まじくも痛快な愛憎劇が視聴者を飲み込む!

韓国ドラマ【愛人がいます】相関図とキャスト情報をお届けします♪

■出演俳優
キム・ヒョンジュ「パートナー」/チ・ジニ「スポットライト」
イ・ギュハン「愛は奇跡が必要」/パク・ハンビョル「窈窕淑女」

■挿入歌:愛し愛しても/Ryu
■脚本:ペ・ユミ「ロマンス」
■演出:チェ・ムンソク「オンリー・ユー」





<スポンサードリンク>








<韓国ドラマ-愛人がいます-相関図・キャスト情報>


相関図
愛人がいます-相関図.jpg




キャスト


■キム・ヒョンジュ(ト・ヘガン:本名トッコ・オンギ)
チェ・ジンオンの妻。千年製薬の企業弁護士

“人生初めて、一目惚れした男に出会った!しかし、その男が私の夫だったとは?!!”
“彼が結婚をした! 私は夫と‘不倫‘する!”

上位1%の人生を向かって、ただ世の中の甲たちの為に献身的に生きる大韓民国パワハラ弁護士。美しく知的で、能力もある。前から見た姿、後ろ姿、頭からつま先まで完璧だ。普段は冷静で仕事をする時は冷血だ。

彼女が信頼する三つ、お金! 権力! 夫!一言で彼女を定義すると、ト・ヘガンは夫を除くと何もない孤独で成ってない情のない女だ。2011年夏、彼女の人生に津波が襲う。青二才のカン・ソルリが夫を誑かす。しかし、ト・ヘガンはキラキラ輝く彼女の純粋な恋の前に跪いた。そして事故で記憶を全て失う。

目が覚めると、ペク・ソクという男が目の前にいる。私の名前はトッコ・ヨンギ、彼の初恋だという。ペク・ソクに救助されたト・ヘガンは記憶を失い、そしてトッコ・ヨンギになる。ペク・ソクの優しさと愛情で古傷が徐々に癒えていく。

2015年秋、偶然会ったチェ・ジンオンという男が心を根こそぎ揺らす!閉まっている彼女の記憶を開き、忘れていた愛を呼び覚ます!彼女が恋に落ちた男は他の女の夫だ。これから彼女は夫と不倫をする!今回はカン・ソルリが甲で、ト・ヘガンが乙だ。ト・ヘガンが不倫女だ!そしてある日、ト・ヘガンの記憶が戻ってくる!


■チ・ジニ(チェ・ジンオン)
ト・ヘガンの夫。千年製薬の一人息子。ソホ大学薬学大学博士

彼が苦しいのは愛が終わったからではない。愛が続いているからだ。妻が戻ってきた!記憶を失った妻が彼を愛している。彼は再び妻と恋に落ちる!

暖かくて多情多感だ。感性的な彼は未だに瑞々しい少年のようだ。透明な初恋のような男だ。尊く見えて、運動で鍛えられた体もたくましい。秀才で財閥の息子だが、お金にはさっぱり関心がなく、研究だけに夢中だ。

彼の20代は完全に初恋ヘガンに一直線で、彼女を死ぬほど愛した。1年前、あの日の事故があるまで、チェ・ジンオンは凄く妻バカだった。家族の反対を押しきり、やっと結婚に成功したが、千年製薬の嫁になったヘガンは急速に変わった。

怪物のような父と姉にぱたっと伏せて奴隷のようになってしまい、彼らより酷い怪物になった。世の中のパワハラに涙を呑みながら、拳を握っていた、彼が愛したト・ヘガンはもう人々の目から血涙を引きぬき、ピラミッドの頂点に立とうとする。もう彼は妻を嫌悪する。

"先輩、愛しています。"と、明るくて純粋な子カン・ソルリの突然の愛しているとの言葉に、ジンオンはヘガンが頭に浮かんでしまい悲しくなる。終わった愛が恨めしくて悲しかった。そして彼女が一歩近づくにつれ、少しずつ揺れ始める。そして妻が死んだ。

2015年、彼はもう善良でも、清くも、暖かくも、穏やかでも、多情多感でもない。気難しくて、荒れて、暗くて、冷たくて、無情だ。四方八方が地雷畑な彼の人生の中で、ある日トッコ・ヨンギ(ト・ヘガン)という女が駆け込んできて地雷を踏む。死んだ妻とあまりにも似た女性の姿に息が出来ない。

妻に初めて出会ったあの時のように、彼女にドキドキする。トッコ・ヨンギに近づくほど、彼の妻ト・ヘガンが感じられる。


■パク・ハンビョル(カン・ソルリ)
ジンオンの後輩。ソホ大学薬学大学院修士課程

愛は彼女が好きなメロ映画とは違う。もっと痛くて大変で、思ったより力がない!

'太陽の家'出身の孤児。チェ・ジンオンの研究室の後輩で、既婚者であるジンオンを片思いしている。堂々として迷う事無く、自分の感情に率直だ。清楚なのにエネルギー溢れる20代。給料が高ければ何でも水火も辞さないアルバイトの鬼、アルバイトの女王。同じ学科Tシャツを季節ごとに着て通っているが、いつもキラキラ輝く子。

痛いから青春だと? 痛ければ哀れっぽい。哀れっぽく振る舞う事が嫌で、カン・ソルリは彼女の貧しさを恥ずかしがる事も、隠す事も避ける事もしない。その為、彼女は青春が痛くも怖くもない。しかし、愛は痛い。そして怖い。既婚者を愛するようになるとは想像もしなかった。

手に入れた物が多いト・ヘガンは、あらゆる殺傷武器を総動員してカン・ソルリを無差別攻撃する。だが、愛で耐える。もう躊躇わずにジンオンに愛を表現する。2011年夏、ト・ヘガンが死んだ。

2015年のソルリは干からびていき、温もりを失ってますます毒々しくなっていく。眩しかったキラキラは消えて久しい。記憶を失ってト・ヘガンが再び現れた。ジンオンが揺れる。もうチェ・ジンオンの妻はト・ヘガンではなく、カン・ソルリ彼女だ。彼女が甲で、ト・ヘガンが乙だ。彼女が妻で、ト・ヘガンが不倫女だ。

カン・ソルリはト・ヘガンの目を眩しくさせ、目を潰す同レベル最強の恋敵であると同時に、若い時代のト・ヘガンであり、若い時代のチェ・ジンオンだ。そして財閥の息子チェ・ジンオンと結婚した後、急速に変わって行ったト・ヘガンの過去を、カン・ソルリが彼女の結婚生活を通じてそのまま見せるようになる。ソルリは、ひょっとしたらト・ヘガンのそっくりかもしれない。


■イ・ギュハン(ペク・ソク)
トッコ・ヨンギの初恋。研修院ビリの駆け出し弁護士

トッコ・ヨンギ! 君が俺の初恋ではないと?なら初恋はもういい!ト・ヘガン、あなた! 俺の最後の愛にしましょう!

トッコ・ヨンギの中学校時代の初恋であり、記憶を失ったト・ヘガンの頼もしい支えになる純粋男。研修院ビリ卒業の駆け出し弁護士で、ずうずうしく、いい加減でとぼけてて、全てが愉快、爽快、痛快な、気分のいい男だ。迷惑者と生真面目を行き来する自由な魂の持主。

いつも想像その以上それとも想像その以下を見せる予測出来ない奇想天外、名不虚伝の男だ。'太陽の家'を運営する父が連れて来て育てた幼い弟妹が八人もいる。カン・ソルリもその中で一人だ。

17年ぶりに再会した初恋トッコ・ヨンギは何の事情なのか記憶喪失になっていた。彼を全く覚えておらず、自分が誰なのかも、どのような事故が起こったのかも、覚えていなかった。

4年間、いくら揺らしても揺れなかった彼女が他の男に揺れる。その男は彼女の夫だ。彼女は彼の初恋トッコ・ヨンギではない。トッコ・ヨンギであろうがト・ヘガンであろうが、この4年間彼と共にした彼女を熱愛している。2015年秋、ペク・ソクは再び恋を始める!


■キム・ヒョンジュ(トッコ・ヨンギ)
ト・ヘガンの双子妹。臨月のシングルマザー。千年製薬経理部の代理。
大韓民国の底辺の庶民トッコ・ヨンギ。

シミとそばかす、町の美容室のパーマと遅れたファッションセンスで、ト・ヘガンより10歳は老けて見える。ト・ヘガンと全く違う双子の妹。むっつりで無頓着だが、思慮深くて情も深い。'勇気(ヨンギ)'という名にふさわしく、不義を見ると我慢出来ない。

ある日、聞いてはいけない千年製薬の醜い秘密を知るようになり、生存の為に甲の横暴に対抗し、生命まで危険になった臨月のシングルマザートッコ・ヨンギ!

逃亡者身分だったトッコ・ヨンギは自分とそっくりな、さらにトッコ・ヨンギという自分の名前を持って生きているト・ヘガン、双子の姉トッコ・オンギと運命的に再会する。そして千年製薬、醜い秘密を隠して嘘の神話を作ったチェ会長を粉々にぶち壊す為、再び'勇気'を出す。


------------


ジンオンの家族


■トッコ・ヨンジェ(チェ・マンホ)
チェ・ジンオンの父。千年製薬の会長

誰にでも秘密はある!秘密は誰にもばれてはいけない!

無愛想で頑固だ。一度目を付けた獲物は絶対逃がさず、目標にした事はどんな手を使ってでも必ず果たす。鳶が鷹を産む神話の主人公たちが大体そうであるように、自分を神だと信じている。その為、彼の帝国は神聖不可侵で、神聖冒涜した者は密かに斬首される。

対外的には立志伝的な義人、好人、この時代の倫理経営人として知られているが、実体は悪人だ。30年前、幼馴染であり、双子姉妹の父トッコ・ジフンを殺し、彼が開発した新薬と千年製薬を奪った。ところが死んだ友人の娘たちが彼の前に現れた。一人は死んだと思った息子の嫁で、もう一人は千年製薬の内部告発者だ。


■ペク・ジウォン(チェ・ジンリ)
チェ・ジンオンの姉。千年製薬の副社長

不細工な財閥の娘のストーリー!

チェ・ジンオンの姉であり、ト・ヘガンの邪悪な義姉だ。チェ会長の前妻の子で、チェ・ジンオンと腹違い姉弟だ。不細工だ! 出来る整形を全てしたが、今の顔だ! 外貌コンプレックスが半端じゃない。目立つ綺麗な人々は無条件でいじめる。

ミスコリア出身の継母ホン・セヒと一生いがみ合う。チェ・ジンリはホン・セヒを顔に似合った行動をすると軽蔑し、ホン・セヒはチェ・ジンリを何というざまだとあざ笑う。千年製薬後継者の座をめぐって、息子チェ・ジンオンを立てようとするホン・セヒと、夫ミン・テソクを立てようとするチェ・ジンリは常に暗闘に決闘にお互いを暗中模索する。


■ナ・ヨンヒ(ホン・セヒ)
チェ・ジンオンの母。ト・ヘガンの姑

美女も辛い! 財閥も辛い!君たちが美女の一生を知っているのか?
君たちが財閥の妻の人生を知っているのか?

チェ会長の二番目の妻だ。ミスコリア真出身らしく未だに美しい。基本的に天性が善良で、弱くて、優しくて、愛嬌があるが、成ってなく(チェ・ジンリ)、毒々しくて(ト・ヘガン)、無関心で(チェ・ジンオン)、無愛想(チェ・マンホ)な家族により、彼女の性格も二転三転とひどく気まぐれだ。

頭が良くて、ハンサムで、品が良くて、何一つ劣る事のない心の優しい息子が、欲ばりで毒々しい女に出会い、気苦労しながら生きるのがいつも気にさわる。

その為、息子が離婚を決めた時、内心喜んだ。孤児という事だけを除けば、頭が良く、可愛いく、若く、気さくで、息子を命懸けで愛しているし、カン・ソルリの方がト・ヘガンより百倍はいい。ヒルのようにくっつく嫁をナイフで切って鎌で打つ。

しかし、嫁が戻ってくる! ト・ヘガンが戻ってきた!! しかも今回は二人だ。息子の人生にト・ヘガンは泥沼のようだ。さすがあなたはヒルだ! ト・ヘガンドを向けて再び刀を持つ。

義女チェ・ジンリとは犬猿の仲。義女はホン・セヒがミスコリア出身という理由で、母である彼女を一生、お金目的で近づいた女扱いをする。八歳から自分を育てたが、チェ・ジンリは30年を一貫してそこねて傷つけて、ホン・セヒを軽蔑する。千年製薬の次期王座をめぐってチェ・ジンリと一世一代の血闘を繰り広げる。


■コン・ヒョンジン(ミン・テソク)
チェ・ジンリの夫。千年製薬の専務

天は自ら助ける者を助ける。その為、彼は空が助ける前に自らを助ける。婿養子のストレスをあらゆる女性達に会う事で解決する。女性達と各種訴訟を起こす人物。妻チェ・ジンリはお金を見て結婚した。お金だけを見て結婚した。自他共認、皆が知っている事実だ。

彼の妻は全て最悪だが、顔が一番最悪だ。全部悪いが、体が一番悪い。非良心、没常識、恥知らずが悪い性格を飛び出し、顔と体にもくっついている。チェ氏家の執事であり、チェ会長の犬、妻の顔マダム、義母のサンドバッグ、しかも会社での職責も妻より下だ。まあ、大丈夫だ。彼には目標があるから!

餌の胴体をぐるぐる回しながら切って丸ごと食べるワニのように、彼もいつかはチェ・マンホも食べ、チェ・ジンオンも食べ、彼を無視した人間たちを捕まえて口の中に入れてぐるぐる回して胴を切って丸ごと食べるつもりだ。そしてついに千年制約を丸ごと飲み込むのだ。その為には、平時には駄犬として、チェ・マンホが望む時はいつでも猟犬として、闘犬として喜んで汚れた血をつける。


------------


トッコ姉妹の家族


■キム・チョン(キム・ギュナム)
トッコ・ヨンギ、オンギ双子姉妹の母

私が捨てた娘! 私を捨てた娘!

女子高校時代、ホン・セヒと共に両大女神として天下を号令した。ミスコリアに一緒に出場したが、マーシャル美容室出身ホン・セヒは当選し、町内美容室出身ギュナムは落ちた。

その後、女神たちの運勢が別れて運命が分かれた。友達だったチェ・マンホ会長とトッコ・ジフン両方ともギュナムが好きだったが、優しい男トッコ・ジフンを選んだ。しかし、双子を産み、疲れて嫌気がさし、この上ない窮状から一生抜け出せなさそうで、病弱で鋭敏なオンギ(ト・ヘガン)を連れて家を離れた。

娘が財閥の嫁になった後、娘のパワハラに対し恨めしくて虚しい。痛切な悲しみと切りがない悔恨の末には必ず、置いてきた娘が心に浮かぶ。ヘガンは自分が双子という事実も、妹がいる事も知らない。ヘガンがジンオンと付き合う事になり、ホン・セヒに再会した。チェ・マンホの二番目の妻になったホン・セヒは女神から女王に登極し、キム・ギュナムは相舅女王の奴隷に転落した。


■カン・ブジャ(ナム・チョロク)
双子姉妹の祖母

暖かくて優しくて何でも支援する。町の乞食はもちろん、噂を聞いて近所の乞食たちまでお婆さんのヨンギスーパーにやってくる。ギュナムと離婚して一人で娘を育てていた息子が不意の事故で死亡し、トッコ・ヨンギを引き取り育てた。孫娘をとても愛している。

息子が残していった'千年製薬'創業初期の各種書類を持っている。後日、トッコ・ジフン(双子姉妹の父)を殺して'千年製薬'を手に入れたチェ・マンホの過去悪行を追う手がかりになると同時に、トッコ・ヨンギとトッコ・オンギ(ト・ヘガン)が'千年製薬'と立ち向かって戦う動力になる。


------------


ペク・ソクの家族


■チェ・ジョンウ(ペク・ジュンサン)
ベクソクの父。‘太陽の家‘の院長

あれは壁...仕方ない壁だと我々が感じる時...その時...
つたは黙って壁を登る(ト・ジョンファンの詩‘つた‘の中)

ベクソクの父であり、孤児院'太陽の家'の院長だ。優しくて真っ直ぐでユーモラスだが、真剣だ。現在、ベクジョ、ベクジ、ベクボム、ベクホ、ベクヒョンを育てており、これまで多くの子供達を育て社会に送り出し、結婚させた。息子のベクソクと友達のようだ。意気揚々、気勢堂々、食い逃げ女キム・ギュナムと黄昏のロマンスを繰り広げる。




<外部リンク>
さらに詳しいキャスト情報(人物画像あり)はこちら←




<スポンサードリンク>








<愛人がいます-あらすじ-全話一覧>
愛人がいます-全話一覧はこちら←




<ブログ内おすすめ☆韓国ドラマ>

女を泣かせて-全話一覧

白夜姫-全話一覧

お願い、ママ-全話一覧

帰ってきたファン・グムボク-全話一覧

嵐の女-全話一覧

ヨンパリ-全話一覧

君を愛した時間-全話一覧

チェオクの剣-全話一覧

テバク-全話一覧

不屈の婿-全話一覧

posted by 韓ドラ大好き☆トキ at 22:01 | 韓国ドラマ 各話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする