2017年10月28日

韓国ドラマ-太王四神記-あらすじ-4〜5話-感想とネタバレ!

■今回ここで紹介するドラマは・・・古より固く定められた、神秘的であざやかなシナリオと宿命があった!それを潔く受け入れつつも、人間的な葛藤に苦しむ一人の男の壮絶な生き様。愛する人を連れて遠くへ逃げ去るか、それとも踏みとどまるか・・。果たして、約束された王が下した最後の決断とは!?

BS12トゥエルビで放送の韓国ドラマ【太王四神記】あらすじ4〜5話の感想とネタバレをお届けします〜♪全24話構成となっております。

■最高視聴率・・・35.7%!
■CAST・・・ペ・ヨンジュン「初恋」/ムン・ソリ「青い海の伝説」
イ・ジア「雪蓮花」/ユン・テヨン「夜警日誌」





<スポンサードリンク>








韓国ドラマ-太王四神記-あらすじ

太王四神記-第4話
あるときから急に王の体調が悪くなり、息子のタムドクはそのことを気にしていました。父の容態が不安というよりも、何らかの陰謀があるのでは?と推察したのです。そして彼が調べてみたところ、王は毒薬を飲まされていたことが分かりました。それを教えてくれたのはキハでしたが、彼は彼女に心から感謝しました。一方、真実を知ったタムドクはすぐさまヨン家を訪ねます。

そしてヨン夫人の夫・ガリョに会い、ヨン夫人が亡くなったことを知らせます。私は王の体調が崩れた原因を知った、それは彼女が毒殺を謀ったからだ!と。さらにタムドクは続けて、ヨン夫人はすでに自害してこの世にいないとガリョに伝えます。これを聞いてガリョは力を失い、大人しく引き下がります。そして自分の息子・ホゲに対して、今は耐え忍んで時間が過ぎるのを待とうと言います。

時が経てばいずれみんなが認めてくれる・・お前こそが王の器に値すると!一方、息子のホゲは自分が王になることより、母の復讐のことだけを考えていました。仮に私が王になったとして、それで母の無念が晴らせるのか?それだけが知りたい!と。こうしてタムドクの迅速な行動によって、ヨン家と火天会の目論みは打ち砕かれました...。


太王四神記-第5話
スジニは相変わらずヒョンゴの付き人でしたが、自分でも金が稼げるほど一人前になっていました。彼女は大胆にも撃毬大会の中に紛れ込み、不正をした黄軍の人間から金を脅し取ったのです。その不正とは打球棒の中に金属を仕込むことですが、スジンはいとも簡単にそれを見抜きました。これは明らかにルール違反、告発すればあなた方の命運は尽きるでしょう。

さあ、そんなことになりたくなければお金を渡しなさい!スジニが話しかけたのはホゲの部下のイルスでしたが、イルスは急所を衝かれてたじたじになります。しかし、それと同時にスジニの素性を疑いはじめ、ついに彼女をスパイ認定します。そんなことはどうでもいい、話を逸らすんじゃない!スジニはなおもイルスを追求しますが、問答は平行線を辿るばかりです。

するとそこへタムドクが現れ、スジニに代わってイルスを追求します。しかし、それでもイルスは不正をしたことを認めませんでした。というよりも、彼自身は何も知らないようでしたが・・。一方、騒ぎが大きくなったことを受けて、親玉のホゲが責任を取りたいと申し出ます。するとタムドクはそれに対して、逆に取引をしたいと話すのでした...。


感想
自分で撒いた種を自分で刈り取ったといいましょうか・・。

王様を毒殺未遂したヨン夫人は、自ら命を絶ってけじめをとりましたね。これはこれでよかったのですが、もう一つ納得できません。

それは、毒殺未遂事件の真相がもう一つ明らかになっていないことです。黒幕が判明したらそれで終わりなんて思ったら、大間違いですよ!

一方、タムドクとホゲの対立構図が鮮明になってきましたね。

この二人は親族だから仲良くすればいいのですが、そうはできない運命にあります。同じときに同じ状況で生まれたことが不幸でしたね・・。

今のところタムドクのほうが有利な立場ですが、今後まだまだどうなるか分かりません。


最後までご覧頂きありがとうございました(*^_^*)
それでは〜次回更新までお楽しみに!!




<太王四神記-あらすじ-全話一覧>
太王四神記-全話一覧はこちら←




<スポンサードリンク>








<太王四神記-相関図・キャスト情報>
相関図・キャスト情報はこちら←




<ブログ内おすすめ☆韓国ドラマ>

偽りの雫-全話一覧

女の秘密-全話一覧

秋のカノン-全話一覧

私の心は花の雨-全話一覧

私の婿の女-全話一覧

果てしない愛-全話一覧

我が家のロマンス-全話一覧

いとしのクム・サウォル-全話一覧

師任堂(サイムダン)-全話一覧

オクニョ運命の女(ひと)-全話一覧

posted by 韓ドラ大好き☆トキ at 15:28 | 韓国ドラマ 各話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする