2018年03月13日

韓国ドラマ-仮面の王-あらすじ-23〜24話-感想とネタバレ!

■今回ここで紹介するドラマは・・・仮面の下に隠していたのは、怒りと虚しさと激しい情熱・・。与えられた運命はあまりにも過酷で理不尽で、安寧はどこにも見いだせなかった。それでも逃げ場がないと知ったとき、悲劇のプリンスは大いなる戦いに出て行った!

BSプレミアムで放送の韓国ドラマ【仮面の王イソン(君主-仮面の主人)】あらすじ23〜24話の感想とネタバレをお届けします〜♪全40話構成となっております。

■最高視聴率・・・20.3%!
■CAST・・・ユ・スンホ「会いたい」/キム・ソヒョン「トッケビ」
キム・ミョンス「風の国」/ユン・ソヒ「12年ぶりの再会」





<スポンサードリンク>








韓国ドラマ-仮面の王イ・ソン-あらすじ

仮面の王-第23〜24話
賤民ソンのカウンに対する思いは日ごとに強くなっていきました・・。

しかしそれにも関わらず、二人の間には大きな溝が横たわっています。なぜなら、カウンは自分の父親を賤民ソンに殺されたと思っているからです。そこで賤民ソンは誤解を解くべく、ついに彼女に真実を伝えるのでした。あなたの父親を死なせたのはこの私ではないと・・。そしてそれはまぎれもなく、嘘偽りのない真実でした。

一方、辺首会のデモクは大妃が倒れたことを受けて、新しい王妃を選ぼうと画策していました。それは本来、宮殿が決めるべきことでしたが、彼はその権利さえ牛耳ろうとしたのです。これに対して大妃は反発を強め、デモクの思惑を食い止めようとしますが・・。デモクの力はあまりにも強大で、大妃一人ではどうにもならないのでした。

しかしその一方、世子ソンの力も徐々に大きくなりつつありました。彼はデモクと辺首会打倒を目標に掲げながら、必要な人材をせっせと集めていたのです。さらに知恵と経験も増し加わっていき、いつしかデモクに対抗できる力を蓄えていました。こうした中、世子ソンは大妃に近づいてある助言を行います。それは、デモクと辺首会を討つために必要な戦術の話ですが、大妃はこの助言を聞き入れます。

こうして大妃は力を失い、変わって世子ソンがイニシアチブを握るのでした。それでもカウンはまだ大妃の側に属しており、彼女だけは忠臣を続けています。そして大妃から辺首会の竹筒を持ってくるよう頼まれたときも、カウンはその指示を守りました。

一方、世子ソンはチムコ丸のことが気になっていました。そこで彼はデモクの孫娘・ファグンを呼んで、この件について尋ねます。しかしファグンはチムコ丸のことを全く知らなかったので、急遽、調査することになりました。カウンは大妃の用命を守って賤民ソンの部屋から竹筒を持ち出しますが・・。

それはメチャンによれば、まったく意味のないことでした。なぜなら、彼女が持ち出した竹筒は本物とすり替えられた偽物だったからです。そして本物の竹筒については、カウンが来る前にメチャンが保護していました。ただいずれにしてもチムコ丸は賤民ソンの部屋を離れたので、それに気づいた賤民ソンは大慌てになります!

さらに気が動転した彼は世子ソンに会い、自分がチムコ丸中毒であることを告白するのでした。そしてさらにそのあと、賤民ソンは倒れてしまいます。世子ソンはその様子を見て驚きますが、彼にとってはこれよりもっと驚くべきことがありました。

それはなにかというと、あのファグンがデモクの孫娘だったことです。ところが、世子ソンはファグンを見ながら不思議な気持ちを抱いていました。これはどういうことだろう・・彼女はデモクの孫娘でありながら・・私に対して好意的に接している・・と。それもそのはず、ファグンは世子ソンを守り抜くと決めていたのです。

実家は辺首会とずぶずぶですが、彼女自身は自分の道を歩んでいました。その道とはいうまでもなく、世子ソンと共にこの国のために闘い抜く道です。こうして世子ソンはファグンからチムコ丸を受け取り、さらに用心棒のゴンに道案内してもらうのでした。

一方、賤民ソンはカウンへの気持ちを抑えきれなくなっていました。そして彼は積年の思いを吐き出すようにして、カウンに対して衝撃の告白を行います。ただしそれは痛快というよりは、あまりにも痛々しいものでした。こうした状況の中、世子ソンは賤民ソンに対してファグンから受け取ったチムコ丸を飲ませます。

そして世子ソンの思惑どおりに事は進んでいきますが、カウンの心境は複雑でした。彼女は賤民ソンが危うい状況に陥ったことについて、自分に責任があると思っていたのです。そしてその自責の念は強くなっていき、落胆するようになります。一方、世子ソンは辺首会とデモクの力の源泉を知るようになっていました。

その源泉とは、まさに彼が賤民ソンに飲ませたチムコ丸です。彼は辺首会がこのチムコ丸を使って権力を自在に操っていると確信しました。それはいいとしても、世子ソンにとってもう一つ分からないのはカウンのことでした。彼女がなぜ無理を押して宮女になったのか・・このことだけは彼にとって謎だったのです。しかしカウンは機が熟したと思ったのか、世子ソンに対して事情を説明します。

自分が宮女になったのは、亡き父親の名誉を回復させるためだったと・・。そしてそれを聞いた世子ソンは、ようやく納得することができました。一方、世子ソンは辺首会とデモクの力を削ぐために行動を開始します。その主な戦術は、彼らが牛耳っているチムコ丸の出所を叩くということでした。

どこで製造しているのか、そして解毒剤はあるのか、こうしたことを突き止めなければなりません。そこで彼は師匠のウボに相談して、対応策を協議するのでした。一方、宮殿では王妃選びという大きな儀式が行われようとしていました。そして最終審査で選ばれたのは、大妃が後ろで糸を引くカウンです!...。


感想
世子ソンはファグンがデモクの孫だったことを、知らなかったようですね。

そしてこのことを知った彼は、とても驚いていました。そりゃ驚くでしょうね・・自分のすぐ近くにいた女性が辺首会トップの孫娘だったというのは・・。

一方、カウンは結局宮女になってしまったんですね。彼女は父親の無実を晴らすためだと言ってますが、この選択は少しまずかったと思います。なぜなら、宮女になることでますます世子ソンから離れてしまうことになるからです。

そして彼女の幸せにとって、世子ソンから遠ざかることはいいことではありません。


最後までご覧頂きありがとうございました(*^_^*)
それでは〜次回更新までお楽しみに!!




<仮面の王イ・ソン-あらすじ-全話一覧>
仮面の王-全話一覧はこちら←




<スポンサードリンク>








<仮面の王イ・ソン-相関図・キャスト情報>
相関図・キャスト情報はこちら←




<ブログ内おすすめ☆韓国ドラマ>

明日もスンリ-全話一覧

あなたは贈り物-全話一覧

愛を抱きしめたい-全話一覧

偽りの雫-全話一覧

初恋(1996)-全話一覧

漆黒の四重奏-全話一覧

江南ロマン・ストリート-全話一覧

月桂樹洋服店の紳士たち-全話一覧

オクニョ運命の女(ひと)-全話一覧

posted by 韓ドラ大好き☆トキ at 22:27 | 韓国ドラマ 各話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする