2019年01月14日

韓国ドラマ-逆賊-民の英雄ホンギルドン-あらすじ-30話(最終回)-感想とネタバレ!

■今回ここで紹介するドラマは・・・名もなき普通の素朴な民のため、命を賭して戦った男がいる!不屈の闘志を支えるものは、義理と人情、奇跡の怪力。時に挫折し、時に暴走し、それでも民衆のため走り続け・・。一番最後に勝利して、不朽の理念を全うする!

韓国ドラマ【逆賊-民の英雄ホン・ギルドン】あらすじ30話(最終回)の感想とネタバレをお届けします〜♪

■最高視聴率・・・15.6%!
■CAST・・・ユン・ギュンサン「君を愛した時間」/キム・ジソク「エンジェルアイズ」
チェ・スビン「最強配達人」/イ・ハニ「輝くか、狂うか」





<スポンサードリンク>








韓国ドラマ-逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-あらすじ

逆賊-民の英雄ホンギルドン-第30話(最終回)
ギルドンのカリスマ性と民衆の勢いの前に、なす術がない官軍と燕山君・・。彼は体制の終わりを予感しますが、頭で分かっても気持ちがついていきません。冗談じゃない・・義賊に国を奪われてたまるか!この国の王は私なのだ!燕山君は怒りを爆発させますが、もはやそこには何の威厳もありませんでした。

それどころかますます求心力がなくなり、孤立化していきます。こうした中、最後まで王宮を離れなかったノクスが王様に挨拶をしました。これで私たちの関係も終わりです、さようなら・・。ノクスは別れの挨拶をしましたが、自分だけ逃れようなどとは思っていません。むしろ、自分が選んだ人生に誇りを持ちつつ、自ら自決しようとしたのです。

私は十分に人生を全うした・・もうこれ以上望むものはない・・と。しかし、彼女がまさに死のうとしたところ、ギルドンが止めるのでした。こうして燕山君は一人の犯罪者として裁かれ、流刑地に送られることが決まります。処刑されても当然の状況でしたが、奇跡的に命だけは助かりました。ただ、彼は死刑よりも厳しい苦痛を味わうことになります。

それは流刑地に送られるときのことですが、多くの民衆から非難を浴びたのです。かつては王様として称えられて、拍手喝さいを受ける立場にあった人間が・・。悪逆な犯罪者として罵倒され、ゴミのように軽んじられているのです!これほどの屈辱があろうか・・燕山君はそう思いましたが・・。

一方、戦いに勝利したギルドンと仲間たちは、香州牧に凱旋します。そしてお互いに労をねぎらいながら、新しい時代の訪れを喜び合うのでした。ほんとよく戦ったな・・最後まで諦めなくてよかった・・。ギルドンはガリョンとも再会し、夫婦としての絆も取り戻します。

燕山君の暗殺を試み、常に危険と隣り合わせの生活を送ってきたガリョンだけに・・。生き延びてギルドンと再会しているのが不思議なぐらいです。しかし、ガリョンもギルドンに負けず劣らずの強運を持っていました。

一方、オリニは守貴単の兵から襲われそうになりますが、モリに助けられて事なきを得ます。モリは官軍の一人だったため、オリニを助けるのは意外でした。しかし、彼はかなり前からギルドンたちに共感するところがあったのです。だからこそギルドンに止めを刺さず、こうやってオリニのことも助けました。

ガリョンはそんな彼に声を掛け、ギルドンのところに行くよう誘います。そしてギルドンの元へやって来たモリは、温かく迎えられるのでした。これからはお前も俺たちの仲間だ!水臭い話は抜きだ!一緒にやっていこう!と。

一方、ギルドンたちの戦いはまだ完全に終わっていませんでした。王宮では依然としてドファンが権勢を振るっており、国政を牛耳っていたのです。ギルドンは彼を除いて初めて世直しできると考え、攻略に乗り出します。そしてウォンジュンに狙いを定め、ドファンと手を切るよう促すのでした。

今の状態を続ければ、お前はチュンウォン君と同じ末路を辿ることになるぞ!それでもいいのか?嫌なら、ソン・ドファンと関係を断つのだ!と。ウォンジュンはドファンの存在を疎ましく思っていたので、この警告を受け入れます。

そして綱常罪人たちを捕え、行録を焼き払うのでした。こうしてドファンの権力の土台を危うくなりますが、ウォンジュンはギルドンも警戒します。俺をコントロールしようとする、こいつもいずれ目障りな存在になるだろう。そう考えて、部下に命じてギルドンを監視させたのです。

一方、ギルドンの目的は果たされ、ドファンは流刑地に送られました。ほとんど抵抗らしい抵抗もできず、最後はあっけないものでした・・。しかし、ドファンは必ずまた復権することを心に誓います。今は潔くギルドンの勝ちを認めてやろう・・しかしいずれまた栄光を手にしてみせる!と。

一方、身分を落とされて奴婢として生活していたジョンハクとその母。二人はある両班の家に住んでいましたが、その扱いは奴隷同然でした。

必要最低限の物は与えられますが、かつての生活とは天と地の差!非常に貧しく、希望もなく、いつ死んでもおかしくない状況です。こうした中、パク氏は主人から役に立たないと言われ、捨てられてしまいます。これを見たジョンハクは恨みを抱きますが、何もすることができず・・。

一方、官軍に勝利を収め王を廃位させたギルドンたちも、暮らしぶりは似たようなものです。彼は贅沢することを快しとせず、普通の農民としてつつましく生活する道を選びました。

常に一般の民衆と同じ目線で生活していないと、彼らの苦しみを理解してやることはできない。そういう思いがあったからですが、ギルドンの考えに共感する者は少なくありませんでした。むしろ多くの仲間が彼の後に従い、同じように農民として暮らします。

一方、ギルドンの中で唯一、変わらなかったのは、腐敗を許さないことです。彼は平和に暮らしていますが、役人による不正の話が耳に入ると・・。すぐさま立ち上がり、巨悪を成敗するため駆け出していくのでした...。END


感想
燕山君政権の崩壊は時間の問題でしたが、ついにその時が来ましたね。最後はあっけないものでしたが、終わるときはこういうものですね・・。

唯一の救いは、ノクスが死のうとしたことかもしれません。

彼女には燕山君を裏切って王宮を去る選択もありましたが・・。あえてその道は選ばず、全てが崩壊するまで王宮に残り続けたんですね。

この根性は素晴らしいと思うし、見習うべき点が多いなと思いました。一方、燕山君は処刑はされず流刑地へと送られてました。

彼の悪行を考えると刑が軽いのかもしれませんが、でも実は逆かもしれません。罪の意識と屈辱を味わいながら生き続けるほうが、どんなに辛いか・・。

結局、燕山君は流刑地ですぐに病死しましたが、なんとも後味が悪いですね。

一方、ギルドンたちはものすごいことをやってくれました。民衆の力を結集して官軍を倒し、王様を廃位させて体制崩壊に導くという・・。

ギルドンの凄さは幼少の頃から分かっていました。でも、まさかここまでの人物になるとは思ってもいませんでした。

これで名実共に国民の英雄になったといっていいでしょう。ただし、またいつ巨悪が現れるか分からないので、ギルドンの戦いは続きますね。


最後までご覧頂きありがとうございました(*^_^*)
それでは〜次回更新までお楽しみに!!




<逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-あらすじ-全話一覧>
逆賊-民の英雄ホン・ギルドン全話一覧はこちら←




<スポンサードリンク>








<逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-相関図・キャスト情報>
相関図・キャスト情報はこちら←




<ブログ内おすすめ☆韓国ドラマ>

棘と蜜-全話一覧

白詰草-全話一覧

恋するダルスン-全話一覧

名前のない女-全話一覧

恋の花が咲きました-全話一覧

オクニョ運命の女(ひと)-全話一覧

posted by 韓ドラ大好き☆トキ at 23:24 | 韓国ドラマ 各話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする