2019年02月18日

韓国ドラマ-黄金の私の人生-あらすじ-1話-感想とネタバレ!

■今回ここで紹介するドラマは・・・25年前に発生した財閥家の娘の失踪事件・・。娘は一般家庭で育てられ、契約社員として働いていた!やがて奇跡的な帰還を果たし、本来の立場を取り戻すが・・。違和感だらけの居心地の悪さの中で、彼女は衝撃的な事実を知るのだった!

韓国ドラマ【黄金の私の人生】あらすじ1話の感想とネタバレをお届けします〜♪

■最高視聴率・・・47.5%!
■CAST・・・パク・シフ「家門の栄光」/シン・ヘソン「青い海の伝説」
イ・テファン「江南ロマン・ストリート」/ソ・ウンス「嫉妬の化身」





<スポンサードリンク>








韓国ドラマ-黄金の私の人生-あらすじ

黄金の私の人生-第1話
来る日も来る日も与えられるのは過酷な仕事ばかり・・。

契約社員のソ・ジアンは孤独の中で、歯を食いしばって頑張っていました。普通の人間ならとっくにギブアップしているところですが、ジアンはなぜか音を上げません。その理由は、何が何でも契約社員から正社員に昇格したかったからです。

だからこそきつい仕事も全てこなし、身を粉にして働いています。

一方、そんなジアンと対照的な立場にあるのが、チェ・ドギョンです。彼はジアンが働く会社の大幹部・・というより財閥3世の御曹司でした!当然ながら二人の関係は月とすっぽん、天と地ほどの差がありましたが・・。

ある日のこと、二人は衝撃的な出会いをすることになります。ジアンが会社の命令で外にお使いに出たところ・・。彼女の運転する車が、たまたまドギョンの車にぶつかってしまったのです!ジアンの車を追い越したドギョンにも若干の非があったものの・・。

それに怒って追跡したジアンのほうに問題がありました。いずれにしても事故を起こしたことで、ジアンはドギョンに賠償することになりました。加害者がお金を払うのは当然のことだと、ジアン本人も納得です。

しかし、一つ大きな問題があることにジアンは気づきました。それは自分が正社員ではなく・・修理代を保険で払えないということです。しかも金額は2000万ウォンということで、ジアンは腰を抜かさんばかり・・。

保険も使えない、もちろん自腹でも払えない、人にも頼めない!どうしたらいいのかしら・・と、ジアンはいきなり窮地に立たされます。

一方、ドギョン母のミョンヒは、25年前に失った娘のことを考えていました。なぜなら、今になって突然、行方不明の娘が見つかったという情報が入ったからです。どうせガセネタでしょう・・とミョンヒは一旦は無視しようとしましたが・・。

万が一真実だったらと思うと、気になって仕方がありません。そこへ25年前に起きた事件の記憶が蘇って来て、ミョンヒの頭の中は娘一色になるのでした。

持ち込まれた情報が真実かどうかよりも、真実であってほしいと・・。

こうしてミョンヒが苦悩する中、またしても一方的なメッセージが彼女の元に届きます。しかも今度はより具体的で、なんと本物の娘かどうかを判断する方法があると書かれてありました。

その方法とは・・メッセージと共に届けられた二本の歯ブラシをDNA鑑定することです。なぜここまでするのか、なんの目的があるのか、誰がメッセージを送っているのか!?ミョンヒは不安を覚えつつも、相手が冷やかしではないことを悟るのでした...。


感想
正社員になろうと必死に働いてるジアンの姿には、共感できるものがありますね。

派遣や臨時雇用の人は少なくありませんが、ジアンはそういう人達に勇気を与えてくれています。それに比べて、ヘソングループの御曹司、ドギョンは恵まれていますよね。

生まれながらに財閥の息子で、お金持ちで、何不自由なく育ち、将来も安定しています。やっかむつもりはありませんが、世の中、決して平等ではありません。

ただ、ドギョンは普通の御曹司とは性質が異なるようです。

自惚れたところがないですし、周りの人間を見下すようなところもありません。財閥の息子だけど、ハングリー精神を持ってるような・・そんな感じがします。


最後までご覧頂きありがとうございました(*^_^*)
それでは〜次回更新までお楽しみに!!




<黄金の私の人生-あらすじ-全話一覧>
黄金の私の人生-全話一覧はこちら←




<スポンサードリンク>








<黄金の私の人生-相関図・キャスト情報>
相関図・キャスト情報はこちら←




<ブログ内おすすめ☆韓国ドラマ>

棘と蜜-全話一覧

白詰草-全話一覧

青の食堂-全話一覧

不滅の恋人-全話一覧

憎くても愛してる-全話一覧

オクニョ運命の女(ひと)-全話一覧

posted by 韓ドラ大好き☆トキ at 20:10 | 韓国ドラマ 各話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする