2019年03月20日

韓国ドラマ-憎くても愛してる-あらすじ-76話-感想とネタバレ!

■今回ここで紹介するドラマは・・・美しさとステータスなら、化粧品とブランドがあれば取り繕える!だけど、複雑な人間関係と恋の予測は、素人の天気予報みたいに当たらない。だからこそ面白いし、ますます人間のことが好きになってしまう。この気持ち分かるなら・・今すぐ「憎くても愛している」の世界へ!

韓国ドラマ【憎くても愛してる】あらすじ76話の感想とネタバレをお届けします〜♪

■最高視聴率・・・25.9%!
■CAST・・・ソンヨル「D-DAY」/ピョ・イェジン「結婚契約」
ハン・ヘリン「8月に降る雪」/イ・ドンハ「シグナル」





<スポンサードリンク>








韓国ドラマ-憎くても愛してる-あらすじ

憎くても愛してる-第76話
グンソプは徐々に戦意を失いつつありましたが、ヘンジャの気合は増していきます。今こそ徹底的に真実を明らかにし、彼に思い知らせてやらなければ・・と。そうした中、ジョンスクは少しでも争いを鎮めようと、ヘンジャの元を訪れます。

そしてグンソプの悪事について、元妻として謝罪しようとするのでした。

一方、ブシクとイヌに失望したミエは、ウンジョの人間性に惹かれていきます。彼女の優しさと寛容さは素晴らしい・・ブシクもああいう女性と一緒になればいいのに・・。

それとは対照的に、ミエはイヌに対しては厳しく当たります。

むしろ、グンソプの悪事を支持したことで、憎んでさえいました。さらに悪人たちと一緒に生活するのが嫌になり、ミエは家を出ていくと宣言します。

一方、ヘンジャは記憶だけでなく体調も回復してきて、仕事への復帰に意欲を見せるのでした。いつまでも寝てるわけにはいかない・・そろそろ現場に戻らないと・・と。

ジョンヒはそんなヘンジャの元を訪れ、記憶の状態を知ろうとします。

そして慎重に彼女とやり取りをしますが、グンソプに会話を聞かれてしまうのでした。ソクピョも仕事に励んでいましたが、こちらはチュンソと揉めてしまい...。


感想
ジョンスクは何も悪いことをしてないのに、ヘンジャに謝罪しましたね。

娘のイヌがしたことを申し訳ないと思ってのことですが・・。こういうシーンを見ると胸が痛くなってしまいます。子供のために親が謝るとか、できれば見たくないシーンです。

本来なら、イヌがヘンジャの元を訪れて謝罪すべきなのに・・。

一方、少しだけ反省しかけたように見えたグンソプでしたが、やっぱりフェイクでしたね。気まぐれで感傷的にはなりましたが、根本はなにも変わっていませんでした。

相変わらずの唯我独尊で、自己の利益のことしか考えていません。

せめて今のまま大人しくしてくれればと思いますが、そうはいかないんでしょうね。

一方、ヘンジャは再起をかけて動き出しましたね。もちろん仕事の話ですが、やっぱり働いてる彼女が一番輝いています。

生活のリズムを整える意味でも、早く仕事に復帰したほうがいいですね。


最後までご覧頂きありがとうございました(*^_^*)
それでは〜次回更新までお楽しみに!!




<憎くても愛してる-あらすじ-全話一覧>
憎くても愛してる-全話一覧はこちら←




<スポンサードリンク>








<憎くても愛してる-相関図・キャスト情報>
相関図・キャスト情報はこちら←




<ブログ内おすすめ☆韓国ドラマ>

棘と蜜-全話一覧

白詰草-全話一覧

青の食堂-全話一覧

不滅の恋人-全話一覧

オクニョ運命の女(ひと)-全話一覧

posted by 韓ドラ大好き☆トキ at 23:55 | 韓国ドラマ 各話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする