2019年04月23日

韓国ドラマ-波よ波よ-あらすじ-63話-感想とネタバレ!

■今回ここで紹介するドラマは・・・悲劇と貧しさと混乱の渦に放り込まれた、父親のいない小さな家族・・。一人の少女が家族を守るため、そして行方の分からない父親と再会するため立ち上がる!底の知れないバイタリティーの原動力は、天性の歌声と家族への愛だった・・。

韓国ドラマ【波よ波よ】あらすじ63話の感想とネタバレをお届けします〜♪

■最高視聴率・・・10.4%!
■CAST・・・チョ・アヨン「12年ぶりの再会」/パク・ジョンウク「いつも春の日」
キム・ギョヌ「空港に行く道」/チャン・ジェホ「偽りの雫」





<スポンサードリンク>








韓国ドラマ-波よ波よ-あらすじ

波よ波よ-第63話
ストーカーも驚くほどの勢いで、ジョンテにアプローチし続けるチュンジャ。その熱心さは確実にジョンテの心にも届いていましたが・・。

ジョンテが彼女の気持ちに応えることはありませんでした。嫌いだからというわけではありませんが、積極的に受け止める理由もなかったのです。それに、自分に関わることで迷惑をかけてはいけないという思いもありました。

これはジョンテ自身が、自分の人生には危険が多いことを自覚している証拠でした。いずれにしても、チュンジャとジョンテの関係は現状維持を続けます。

一方、猛烈な勢いでアタックし続けるチュンジャも、さすがに落胆していました。これだけ何度も秋波を送ってるのに、なんで応えてくれないのか・・と。特に、女性として見てもらえないことが悲しいチュンジャでした。

ギョンホとサンピルの間で揺れているボクシルは、ようやく腹を決めます。そしてサンピルの誘いを断り、距離を置き始めるのでした。自分にとって大切なのはギョンホだけ・・その意志を示したのです。

サンピルはその意志を感じ取りますが、決して引き下がりませんでした。むしろ、ボクシルに対する気持ちが強くなり過ぎて、引っ込みがつかない状態です。

冗談じゃない・・ギョンホなんかに負けてたまるか・・と。

彼に身を引かせるためには、ボクシル自身がはっきりとNOを突きつけるしかありません。しかし、ボクシルもまだそこまでは言えない状況です。なぜなら、歌手活動においてサンピルにはさんざんお世話になっているからです。

そしてこれからも・・サンピルの力は必要でした。だから結局、ボクシルは中途半端な態度を取り続けるのでした。そうするとサンピルが勢いを盛り返し、なんとボクシルに告白をします。今まではっきり言えなかったが、俺はお前のことが好きだ!愛してる!と。

あまりにもストレートな告白に、ボクシルは返す言葉がなく・・。

一方、スニョンはミジンの店を辞めようとしていました。しかし辞めた後の生活が不安で、なかなか決断ができません。自分一人だけならなんとかなるけど、幼い子供がいるから・・と。そこで彼女は前に勤めていた工場へ行き、恥を忍んで前借を頼みます。

しかし全く相手にされず、逆に追い返されてしまうのでした。どうしよう・・やっぱりブティックに留まったほうがいいのかしら・・。他に選択肢がないスニョンは、追い詰められていきます。そしてふと脳裏によぎったのは・・ジョンフンの顔でした...。


感想
チュンジャはジョンテに振り向いてもらえなくて、悩んでますね。

気持はよく分かりますが、一つ作戦を変えてみてはいかがでしょう。つまり、今までのように攻めの姿勢でガンガンアプローチしていくのではなく・・。

あえて素っ気ない態度をとり、ジョンテと距離を置いてみるのです。逆転の発想ではありますが、結構、効果は高いと思います。なぜなら、男女の関係というのは、一方が寄り過ぎると、他方が離れるという傾向があるからです。

チュンジャとジョンテの今の関係は、まさにその状況にあるといえないでしょうか?


最後までご覧頂きありがとうございました(*^_^*)
それでは〜次回更新までお楽しみに!!




<波よ波よ-あらすじ-全話一覧>
波よ波よ-全話一覧はこちら←




<スポンサードリンク>








<波よ波よ-相関図・キャスト情報>
相関図・キャスト情報はこちら←




<ブログ内おすすめ☆韓国ドラマ>

棘と蜜-全話一覧

不滅の恋人-全話一覧

今日、妻やめます-全話一覧

憎くても愛してる-全話一覧

オクニョ運命の女(ひと)-全話一覧

posted by 韓ドラ大好き☆トキ at 21:24 | 韓国ドラマ 各話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする