2019年04月23日

韓国ドラマ-波よ波よ-あらすじ-65話-感想とネタバレ!

■今回ここで紹介するドラマは・・・悲劇と貧しさと混乱の渦に放り込まれた、父親のいない小さな家族・・。一人の少女が家族を守るため、そして行方の分からない父親と再会するため立ち上がる!底の知れないバイタリティーの原動力は、天性の歌声と家族への愛だった・・。

韓国ドラマ【波よ波よ】あらすじ65話の感想とネタバレをお届けします〜♪

■最高視聴率・・・10.4%!
■CAST・・・チョ・アヨン「12年ぶりの再会」/パク・ジョンウク「いつも春の日」
キム・ギョヌ「空港に行く道」/チャン・ジェホ「偽りの雫」





<スポンサードリンク>








韓国ドラマ-波よ波よ-あらすじ

波よ波よ-第65話
ミンスは私の子供よ!スニョンの子供じゃないからね!エシムはジョンテに対して必死に弁解しましたが・・。ジョンテはそれが嘘であることを見抜いていました。むしろ、スニョンがミンスをおぶってる姿を見た瞬間、全て分かりました。

その子供の母親が誰であるか・・そして父親が誰であるかも・・。

しかしこれまで誰にも言わなかったのは、スニョンに対する遠慮があったからです。そうした中、ジョンテはついにスニョンにミンスのことを話します。子供の両親がスニョンとジョンフンだと分かってることを・・。するとスニョンは驚いた表情になり、言葉を失うのでした。

一方、ギョンホはボクシルのことで完全に冷静さを失っています。仕事もろくに手につかず、いつもボクシルのことだけを考えてしまう状態です。そしてサンピルへの憎しみを強め、追い払う方法を考えるのでした。

絶対に彼女は渡さない・・俺はボクシルをサンピルから守るぞ・・と。

そしてギョンホはサンピルに会い、脅迫ともとられかねない警告を発します。今度また彼女を無理やり連れて行こうとしたら・・そのときはこの俺が許さない・・。気迫十分のギョンホを前に、さすがのサンピルも身を引きます。

なんだこいつの変貌ぶりは・・今までとまるで別人じゃないか・・。

一方、ジョンテは弟のジョンウに大きな期待を寄せていました。なぜなら、ジョンウはボクシルと同じように、音楽のセンスがあったからです。しかもジョンウはボクシルと違ってギターを弾くことができ、おまけに作曲もできます。

こいつが曲を作ってボクシルがそれを歌えば・・理想的な展開じゃないか!

ジョンテはそんなことを想像したようですが、今はまだ絵に描いた餅に過ぎません。というのも、ボクシルは歌手になったとはいえ、アマチュアに近いものだったからです。キャバレーのステージには立っていても、全国的にはほとんど知られていません。

そして弟のジョンウについても、せいぜい趣味でギターを弾いてるレベルです。

一方、マルスンは自分に優しいヘリンを気に入るようになり、ボクシルに厳しく接し始めます。あんたのせいでうちの息子はえらい迷惑よ・・それに引き換えヘリンはいい子ね・・と。

彼女がコロリと態度を変えた理由は、ヘリンにおだてられたからです。より正確にいえば、手なずけられたという感じで・・。マルスンはすっかりヘリンのことが好きになり、彼女をギョンホの嫁にしたいと考えるようになります...。


感想
スニョンは自分とミンスの関係をジョンテに知られ、ショックを受けていますね。

しかしこれは、リアクションの仕方を間違ったのではないかと思われます。というのは、ミンスとの関係をジョンテに知られたところで、何も問題はないからです。

むしろ、知られたのがジョンテで良かったというべきじゃないでしょうか。

スニョンは気づいてないかもしれませんが、ジョンテはとても義理と人情に熱い男です。また性根は非常に優しく、思いやりに溢れた人間でもあります。

彼はきっとスニョンとミンスに対しても、格別の配慮を示してくれるでしょう。


最後までご覧頂きありがとうございました(*^_^*)
それでは〜次回更新までお楽しみに!!




<波よ波よ-あらすじ-全話一覧>
波よ波よ-全話一覧はこちら←




<スポンサードリンク>








<波よ波よ-相関図・キャスト情報>
相関図・キャスト情報はこちら←




<ブログ内おすすめ☆韓国ドラマ>

棘と蜜-全話一覧

不滅の恋人-全話一覧

今日、妻やめます-全話一覧

憎くても愛してる-全話一覧

オクニョ運命の女(ひと)-全話一覧

posted by 韓ドラ大好き☆トキ at 21:28 | 韓国ドラマ 各話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする