2019年05月26日

韓国ドラマ-私の男の秘密-あらすじ-70話-感想とネタバレ!

■今回ここで紹介するドラマは・・・自分以外の男になり切るなんて、双子の兄弟だって簡単じゃない!それでも妻と娘の将来を守るため、ダメ元、捨て身でやるしかない・・。超がつくほどの愛妻家がチャレンジする、一世一代の成り済まし大作戦が今始まる!

韓国ドラマ【私の男の秘密】あらすじ70話の感想とネタバレをお届けします〜♪

■最高視聴率・・・26.4%!
■CAST・・・ソン・チャンウイ「神の天秤」/カン・セジョン「緑の馬車」
キム・ダヒョン「ロビイスト」/パク・ジョンア「男が愛するとき」





<スポンサードリンク>








韓国ドラマ-私の男の秘密-あらすじ

私の男の秘密-第70話
ジェウクとジソプの秘密会合の内容を知ったソラは、複雑な心境に陥ります。ジソプに嘘をつかれていたことは不快千万ですが・・。

一方、本物のジソプが生きていたという事実は喜びでもありました。ジレンマを絵に描いたようなこの感情を、どう表現したらいいのか・・。ソラは気持ちに整理をつけることができず、途方に暮れます。

その頃、イヌクは検察の取調室で孤軍奮闘していました。公権力の圧力は並大抵ではありませんが、彼は堂々と無実を主張したのです。なぜなら、彼は本当に何もやっていないという自信があったからです。

しかし検察は強引に自白を引き出そうとして、矢継ぎ早にプレッシャーをかけてきます。イヌクはそれに耐えながらあるいはかわしながら、なんとか活路を見いだそうとするのでした。誰かが俺を嵌めようとしている・・どうにかして切り抜けなければ・・。

一方、眠ったままのヘソルを看病するのはソラですが、体力的な限界に達していました。ただでさえ心痛が大きい上に、まともに食事もしていなかったからです。ジンジャはそんなソラを心配し、ヘソルのためにも栄養を取るよう促します。

母親が先に崩れてしまったら、ヘソルも元気にならないでしょ?と。

その頃、カンイングループは大混乱に陥っていました。重要な任務とポストを預かっていたイヌクが逮捕され、現場に大きな穴が開いたからです。その穴を埋めてどのようにカバーしていくか・・連日のように会議が行われます。

一方、ジソプはヘソルを助けるため、ジソプに望みを賭けます。そして再び彼の元を訪れて、ヘソルを助けてほしいとお願いするのでした。ジソプは例によって断腸の思いで拒否しますが、ソラは最終兵器を持ち出します。

それは、ジソプが秘密裏にジェウクと接触したときの会話の内容を収めた、録音データです。これを聞いても拒否できるの?私はもう全てを知ってるのよ・・。切実な表情で迫って来るソラを前に、さすがのジソプも限界を感じます。

しかしそれでも真実を話す勇気を持てず、ジソプはその場を立ち去るのでした。ソラはジソプの後ろ姿を見て悲しくなりますが、手応えも感じます。

あと一つ決定的な証拠があれば・・ジソプを観念させることができる!と。

そこで彼女はミリョンに協力を打診しますが、色よい返事はもらえません。なぜなら、ミリョンは本物のジェウクを失いショックを受けていたからです。その絶望の中で他人に協力して骨折ることは、難しいことでした...。


感想
ヘソルが元気にならないことには、物語自体も明るくなりません。それほど彼女は小さいながらも周囲に影響を与えていて、太陽のような存在だったということです。

ソラはできるなら代わってあげたいと思っていますが、それもできず忸怩たる思いです。この閉塞状況を打ち破る方法は、ずばり一つしかないと思います。

それは、ヘソルの本当の父親であるジソプが成り済ましをやめることです。そしてカンイングループを去り、ソラとヘソルの元へ戻ることです。

簡単にはいかないと思いますが、それ以外にヘソルを救う手立てはないんじゃないでしょうか。というのも、ヘソルは何より父親を求めているからです。

ジソプは相変わらず自分はジェウクだと言い続けていますが・・。ヘソルの現状を一目でも垣間見れば、そんなことは言えないはずです。


最後までご覧頂きありがとうございました(*^_^*)
それでは〜次回更新までお楽しみに!!




<私の男の秘密-あらすじ-全話一覧>
私の男の秘密-全話一覧はこちら←




<スポンサードリンク>








<私の男の秘密-相関図・キャスト情報>
相関図・キャスト情報はこちら←




<ブログ内おすすめ☆韓国ドラマ>

棘と蜜-全話一覧

波よ波よ-全話一覧

不滅の恋人-全話一覧

今日、妻やめます-全話一覧

憎くても愛してる-全話一覧

オクニョ運命の女(ひと)-全話一覧

posted by 韓ドラ大好き☆トキ at 20:09 | 韓国ドラマ 各話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする