2019年08月26日

韓国ドラマ-人形の家-相関図・キャスト情報の詳細について!

韓国ドラマ【人形の家】相関図とキャスト情報をお届けします♪

■出演俳優
チェ・ミョンギル「未来の選択」/パク・ハナ「白夜姫」
ハン・サンジン「私の10年の秘密」/ワン・ビンナ「欲望の仮面」

■挿入歌:言うよ/DK Soule
■脚本:キム・イェナ
■演出:キム・サンフィ「ボミの部屋」





<スポンサードリンク>








<韓国ドラマ-人形の家-相関図・キャスト情報>


相関図
人形の家-相関図.jpg




キャスト


■チェ・ミョンギル(クム・ヨンスク)
(女性、50代前半)セヨンの母親

言葉より行動で愛情を表現する俗情深い母親であり、家事手伝いの仕事をしながらも、経済力のない夫に小言ひとつしない穏やかな性格の妻。自分の子と他人の子を一緒に育てる再婚家庭を築きながら、家族を慰め面倒を見る家庭の中心人物である。

ヨンスクの言葉なら無条件信じて従う家族は、予想すらできない彼女のもう一つの姿。まさにウン会長の邸宅での執事、クム・ヨンスクだ。奉仕するウン会長へも部下へも誰にも心を見せることがなく、少しの感情も顔に出さないヨンスクは、誰も想像できない衝撃的な秘密を抱えながら二重生活を続けていく。


■パク・ハナ(ホン・セヨン)
(女性、33歳)昼間は高品質のブランドショップで3年連続の優秀社員として働く。

夜には、数万円のマージンに数百もの自負心溢れる日陰のデザイナー。一人身で苦労し自分を育ててきた母親に格別な愛情を持つ。七歳の頃、母親の再婚によってできた完全な家族の姿。

しかし、高校を卒業した頃、父親の事業の失敗により暮らしは傾き、結果両親の肩から重荷を背負ったのは、しっかりしているセヨンだった。

そんなある日、カンナムのブランドショップをのさばり歩くことで噂のたつ、財閥3世のショッピング中毒女ウン・ギョンヘに出会うこととなる。


■ウァン・ビンナ(ウン・ギョンヘ)
(女性、33歳)

国内アパレルブランド「ウィナーズグループ」ウン会長の孫娘、財閥3世。しかし、衝動制御障害の患者でショッピング中毒、強迫症とノイローゼ..あらゆる病名を持ち密かに精神科主治医の治療を受けている。ギョンヘは、親の顔を知らない。記憶もなく写真すら残っていない。

祖父が反対する結婚をしたという理由で一人息子を無一文で追い出し、親が貧しさに苦しんだ末、災難により亡くなったということを知ったギョンへ。

そして、育つ過程では祖父の限りない愛を感じながらも、その心もいつしか消えるという考えを捨てることができず、不安で不幸なギョンヘだった。そんなギョンヘがミョンファンと結婚を決意した理由は、彼が祖父とは違った人間だったからだ。

何をしても変わらぬ愛で自分を包み込んでくれる人、それがまさにミョンファンだった。しかし、ギョンヘと結婚したミョンファンは1年も経たず急変し、残酷にもギョンヘを侮辱し怒鳴りつけ問い詰めた。

ミョンファンに振り回されたあげく悲惨なありさまとなりながらも無気力にもやられるだけのギョンヘ。そんなギョンヘは運命のようにホン・セヨンに出会い劇的に変化し始める!


■ハン・サンジン(チャン・ミョンファン)
(男性、38歳)

最年少で司法試験に合格、厳密に言えばトンビが鷹を生んだ。骨の髄まで権力型人間であり、政界で戦うことに長けている。勝つためなら卑劣な方法もためらわず使うことができる、ひねくれた勝負根性の持ち主。

ミョンファンはウィナーズグループ法務チームで注目されるエースで、超高速で昇進を重ねる折、奉仕活動でギョンへに出会う。激しい求愛の末、最終的に結婚にゴールインしたが、ギョンヘは華やかさで光るも暖かさのない女性だった。

また、自分を社長の座に座らせてくれたウン会長が、自分を認めたのではなくすべてギョンヘのためだったという事実を知ってからは、復讐することを決心する。

その時出会ったギョンヘの主治医ヒョジョンは、彼の怒りと欲望を正確に見抜いた女性であり、二人が密会を重ねるたびミョンファンはウィナーズを飲み込む野心に燃えることとなる。


■イ・ウンヒョン(イ・ジェジュン)
(男性、35歳)

ミステリーに包まれているウィナーズグループの秘書室長。影のように静かに、そして幽霊のようにいつでもどこにでも現れ、ウン会長宅で起こる頭の痛い問題を解決する。

引き締まった筋肉を洗練されたスーツで隠し、丁寧な態度と落ち着いた口調で自分の攻撃性を隠しているが、危機の瞬間がやって来れば瞬時に猛獣のように駆けつけ、状況を制圧する強い一面のある人物。

唯一の肉親であるギョンヘの身辺を任されるほどウン会長の信頼を受けているが、人々は知らない、ジェジュンがウィナーズに来た本当の理由を...


■イ・ハニ(ホン・ピルモク)
(男性、60代前半)セヨンの養父

ヨンスクと再婚しガンヒが生まれ、セヨンをはじめとする4兄妹の父となったピルモクは、ひときわ父性愛が強い人物である。

ボクシングの人気が下火となり経営難の体育館の事情により暮らしが傾いた上、借金により財産を無くし経済的に無能な家長だが、父としては模範になるほど思いやりがあり暖かい。


■チョン・スヨン(ホン・ソニ)
(女性、36歳)セヨンの義姉

生まれつき愛情の深い人物。5年前癌にかかった夫と死別し、食堂を運営しながら自力で息子を育てる。自分の状況が十分でないにも関わらず、大変な人を見るとほっとけず助けることが習慣となっている暖かい女性である。


■キム・キドゥ(ホン・チョルス)
(男性、33歳)セヨンの義兄

通帳にお金が残った試しのない人間であり、一度頭に来ると頭蓋骨が砕けようとも衝突しないと気の済まない血の多い性質だ。そんなある日、ひき逃げ事故に遭い道に倒れていたコンニムを助けた後、彼女の保護者を気取りながらも徐々に成長していく。


■キム・ジソン(ホン・ガンヒ)
(女性、22歳)セヨンの妹

かわいらしい外見、セクシーなスタイル。ガンヒは自分がモデルをするために生まれてきた貴重な存在と信じて疑わなかった。幼い頃から家族に可愛がられ育っただけに、周りへの気遣いがなく、言っていいこと悪いことの区別ができないことが大きな欠点だ。


■チョ・イヒョン(ソン・ウン)
(男性、8歳)ソニの息子

父親の不在や家庭環境が悪いにも関わらず、数学の英才と言われる頭の良い子供。大人たちにとっては喜びであり愛そのものだが、表に出さない悲しみと傷を持つ。


■イ・ホジェ(ウン・ギテ)
(男性、70代前半)ギョンヘの祖父

無一文でありながら意地一つで名実共に一流の企業を育てた人間らしく、厳しく家父長的であり、言葉一つに千鈞の重みがあるカリスマの持ち主。

事業に対する情熱と同様、一人息子への執着と欲も過剰であり、後継者として厳しく教え強く育て上げ厳格に接した。そんな息子が、自分が反対するスランと恋に落ち、父親の代わりに女性を選択して、夜逃げまでした時には大きな背徳感と怒りを露にする。

結果、自分の固執のために息子を失ってからは、唯一の肉親であり孫娘であるギョンヘが平凡なサラリーマンのミョンファンと結婚すると言ったときは、容易に許すしかなかった。


■パク・ヒョンスク(パク・スラン)
(女性、50代後半)ギョンヘの母親

年齢が顔負けするほどの美しい容姿を持つが、30年間精神病院に入院中の女性だ。若い頃ウィナーズグループの後継者であるミンスと恋に落ち、かわいい娘まで生んで3人で幸せに暮らしたが、予期せぬ事故で3ヶ月昏睡状態に陥った後、奇跡的に目を覚ます。

知能が低下し思考力も落ち、過去の記憶が混在したかと思えばいくつかは消え、通常の会話や日常生活が不可能となる。精神的麻痺により始まった精神病院での生活が30年にもなる。


■イ・グァンフン(ユ・シンヒョク)
(男性、33歳)

「正義感のない警察は民衆の支えではなく、カビだ!」という信念を胸に抱いて生きるひき逃げ専門班の熱血刑事。チョルスの長年の友人。早くに行く場所の無くなったシンヒョクにチョルスの家族は本当の家族と同様であり、セヨンは長年想いを寄せる存在であり待つ身でもある。


■ペ・ヌリ(コンニム)
(女性、31歳)

5年前にひき逃げ事故に遭った直後、記憶を失ってしまった。指紋でさえ身元が確認されず、行き場所のない身となりそうなとき、チョルスの助けでコンニムという名前もつけられソニのレストランの仕事を手伝いながら一緒に暮らすこととなる。

清純可憐なルックスにすぐにでも涙がこぼれるような大きな瞳をしており、慎ましく落ち着いた口調であまりにも失礼な質問を吐き出す魅力的なギャップの持ち主だ。


■ユ・ソジン(キム・ヒョジョン)
(女性、40歳)ミョンファンの愛人であり、ギョンヘの主治医。

上流階級の間で評判の精神科ドクター。ウィナーズ奨学財団奨学生となり、歯を食いしばりながら学業を続け今の場所まで昇ることができた唯一の目標は、自分の人生をドブに追いやったウィナーズが・・彼らの富、まさにそれだった。

そしてヒョジョンは、ギョンヘの夫ミョンファンから自分と同じくねじれた欲望があると知ると、躊躇することなく彼を誘惑し一緒にウィナーズへの陰謀を企み始める。


■キム・グァンヨン(キム・ドンスク)
(男性、40代中半)

人探しをさせれば、韓国で三本の指に入るほどの人間である。合法と違法、どんな手段も選ばない。ジェジュンも失踪した弟ジェヨンの行方を依頼する。ソニのレストランでご飯にありつきながらもソニとは憎しみの感情から始まるが、彼女の息子ウンには情が入ってしまった。

ソニとは憎くとも憎み切れず、限りなく切ない関係となってしまう。


■シム・ジンファ(シン・ヨンエ)
(女性、30歳)セヨンの親友。

高校の時からセヨンと仲良しで、ブランドショップで一緒に働いている同僚の仲だ。セヨンのことなら何を差し置いても乗り出すが、空気が読めず考えも無く突進するスタイルなのでほぼ助けにはならない。


■チョ・ミリョン(ウン・スクチャ)
(女性、50代)ウン会長の5親等の従妹。

中堅女優と同じくらい美しい外見の持ち主。しかし、心の中で思ったことが気遣いなく吐き、言っていい事悪い事の区別がつかない。結婚してフランスへ移住したが、離婚後韓国に戻りブランドマニアとして羽で飾られたベルベットメッシュの帽子を被り、白いレースの手袋をつける。

その姿はまさにフランス貴族の生活を楽しむ女である。


■パク・チョンサン(チーム長)
シンヒョクの警察チーム長。


■パク・ジェウン(ナ・ジンボム)
(男性、32歳)

ひき逃げ専門班の刑事。シンヒョクのパートナー。十回会っても毎回相手をぎこちなくさせる社会性ゼロの性格に、空気を読めないキョンサンド出身の青年。

図体は大きく顔つきは悪いが、ごつごつしたルックスがおかしいほど可愛らしく敏感な性格の人物である。熱血警察官シンヒョクとパートナーになると、未解決事件の解決に向け素晴らしい刑事へと成長する。




<外部リンク>
さらに詳しいキャスト情報(人物画像あり)はこちら←




<スポンサードリンク>








<人形の家-あらすじ-全話一覧>
人形の家-全話一覧はこちら←




<ブログ内おすすめ☆韓国ドラマ>

棘と蜜-全話一覧

不滅の恋人-全話一覧

黄金の私の人生-全話一覧

100日の郎君様-全話一覧

オクニョ運命の女(ひと)-全話一覧

posted by 韓ドラ大好き☆トキ at 12:45 | 韓国ドラマ 各話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする