2019年09月03日

韓国ドラマ-人形の家-あらすじ-26話-感想とネタバレ!

韓国ドラマ【人形の家】あらすじ26話の感想とネタバレをお届けします〜♪

■最高視聴率・・・19.5%!
■CAST・・・チェ・ミョンギル「未来の選択」/パク・ハナ「白夜姫」
ハン・サンジン「私の10年の秘密」/ワン・ビンナ「欲望の仮面」





<スポンサードリンク>








韓国ドラマ-人形の家-あらすじ

人形の家-第26話
早く体を回復させて、思いっきり仕事ができるようにしたい…。セヨンはその一心で、辛いリハビリに取り組んでいます。もちろん、仕事を完全にストップさせたわけではありません。できる範囲でデザインを行い、少なからず会社に貢献していたのです。

そんな彼女の気持を支えているものは、仕事への誇りと責任でした。一度でも自分が関わったプロジェクトは、最後までやり抜きたい…。そんな強い責任感がセヨンを支え続け、目標へと導いていました。

一方、ギョンへの心にもある大きな変化が起きていました。それは、セヨンの精神態度を敬い模範にしたいという気持ちです。彼女はセヨンとヨンスクが固い絆で結ばれていることを知り…。自分もこのままじゃいけない、人を信頼できるようになりたいと思ったのです。

そんなわけで、ギョンへも精神的に大きく躍進することになります。もうかつてのような、我がままで傲慢なお嬢様ではありません。

一方、セヨンの腕の傷は本人の頑張りもあって、着実に治っていきます。そしてあっという間に完治に近づき、セヨンは感激の涙を流すのでした。

治らなかったらどうしよう…そんな風に絶望的に思ったこともあったけど…。私の腕はこうしてちゃんと治った…ほんとによかった…頑張って良かった…。こうしてセヨンは自分で自分を誉め、側にいたジェジュンも感涙に浸るのでした。

やがて彼女の回復はギョンへとヨンスクにも知らされ、二人も同じように喜びます。そしてセヨンの努力に敬意を表し、英雄でもあるかのように褒めたたえるのでした。

ほんと凄いわ…セヨンじゃなかったらこんなに早い回復はなかったかもしれない…。

こうした中、ヨンスクの心にも大きな変化が見え始めます。彼女はこれまでギョンへからセヨンを引き離したいと考えていましたが…。

それは完全に誤りで、むしろ二人は一緒にいたほうがいいと思うようになったのです。その理由は、セヨンの側にいることで、ギョンへは明らかに変わったからです。以前のような傲慢さがなくなり、温和な精神を持つようになりました。

人に対する接し方も変わり、心なしか表情までが柔らかくなり…。ヨンスクはそうした変化に気づき、過去に抱いた考えを改めることにしました。

一方、セヨンの本当の母親、スランは相変わらず病院に入院していましたが…。その彼女の元を、ミョンファンの不倫相手、ヒョジョンが訪れます!

このタイミングでの訪問…一体何を企んでいるのか...。


感想
セヨンを見ていると、本当にこの人はデザインするのが好きなんだなと感じます。腕を負傷し手にしびれが走る状態になっても、描き続けようとするなんて…。

並みの人間にはできないことですし、ほとんどの人は挫折してしまうと思います。もちろん、彼女のモチベーションを高めているのは、本人の信念だけではありません。

いつも側にいて励ましの言葉を掛けている、ジェジュンの存在も大きいでしょう。

彼はクールな男ですが、実は内面はとても熱くて優しくて、信頼できる男です。セヨンは試練と挫折の中において、素晴らしい仲間と恋人を得ましたね。


最後までご覧頂きありがとうございました(*^_^*)
それでは〜次回更新までお楽しみに!!




<人形の家-あらすじ-全話一覧>
人形の家-全話一覧はこちら←




<スポンサードリンク>








<人形の家-相関図・キャスト情報>
相関図・キャスト情報はこちら←




<ブログ内おすすめ☆韓国ドラマ>

棘と蜜-全話一覧

不滅の恋人-全話一覧

黄金の私の人生-全話一覧

100日の郎君様-全話一覧

オクニョ運命の女(ひと)-全話一覧

posted by 韓ドラ大好き☆トキ at 16:46 | 韓国ドラマ 各話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする