2019年11月09日

韓国ドラマ-愛はぽろぽろ-あらすじ-101話-感想とネタバレ!

韓国ドラマ【愛はぽろぽろ】あらすじ101話の感想とネタバレをお届けします〜♪

■最高視聴率・・・8.9%!
■CAST・・・カン・ウンタク「風吹くよき日」/ワン・ジヘ「個人の趣向」
キム・ミンス「ミストレス」/コン・ヒョンジュ「純情に惚れる」





<スポンサードリンク>








韓国ドラマ-愛はぽろぽろ-あらすじ

愛はぽろぽろ-第101話
ウヒョクの近くにいられることに安心しきっているチェリンですが‥。彼女は自分が起こした事件のことで新情報を掴み、ヨンスクに相談します。事件の被害者とサンチョルが知り合いって本当なの?ねえ、大丈夫なんでしょ?と。

これに対してヨンスクは差し障りのない返答をしますが、心の中は動揺していました。彼女は長い人生経験の中で培った直感で、危機が迫っていることを悟ったのです。根拠はないけど、まずい状況になってる、このままだと私たちは‥。

心なしかヨンスクの表情は青ざめていましたが、チェリンはそれに気づいていませんでした。

一方、ウヒョクはついにチェリンを振り切ることに成功します。勝因はずばり、チェリンがホテルでの一件がフェイクだったことを自ら認めたことです。これで二人の間に何もなかったことが分かり、ウヒョクは安堵しました。

よし、これで俺は彼女に対して何も責任がない、晴れて堂々と彼女を突き放せるんだ!と。とはいえ、ウヒョクはパンウルへのアプローチを再開させようとはしませんでした。むしろ彼はサンチョルと話し、君に彼女を守ってほしいとお願いします。

もちろん本意ではありませんが、彼は二人が交際していると思ったのです。

一方、事件のことをネットで調べたチェリンは、被害者の素性を知って驚きます。私が轢いた相手がパンウルの父親だったって‥なにこれ?うそでしょ?と。被害者に関係なく彼女は自分のしたことに驚くべきでしたが、そこには関心が向きません。

こうした中、ウヒョクは一大決心を固め、海外に出たいとヘウォンに申告します。自分はまだまだ未熟だ‥もっと鍛える必要がある‥だから海外に出て修行したいんだ‥と。

するとヘウォンは静かにうなずき、どこへでも好きなところへ行きなさいと発破をかけるのでした。パンウルと結婚しないなら何でもいい‥自由はいつでもあなたの手元にある‥そう言わんばかりです。

一方、パンウルとサンチョルを結婚させる計画が失敗に終わり、ジヨンはプレッシャーを感じます。なぜなら、再びスンボクから子供を産めと催促される可能性が出てきたからです。なんでこうなるのよ‥全てが上手く行ってたはずなのに‥もう不妊治療なんかしたくない!

そして案の定、スンボクはドンミンとジヨンの間に子供ができることを期待していました。長男夫婦なんだから子供を設けるのは当然!是非はなし!‥といったオーラを発しています。こうした中、事件の被害者の素性を知ったヨンスクは、チェリンに究極のアドバイスをしました。

このままじゃどうにもならから‥いっそのこと‥会社を辞めてしまいなさい!と...。


感想
やはり‥いや当然というべきか‥パンウルは今もウヒョクが好きなんですね。

サンチョルは勇気を出して告白しましたが、パンウルは断りました。彼のことは友達として好意を抱いてますが、男として愛することはできなかったのです。

その愛を向けている男はただ一人、ウヒョクだけだということです。サンチョルとしては辛かったと思いますが‥これですっきりしましたね。

友達のような恋人のような、中途半端な関係が続いてたので、気になってたんです。はっきりさせたほうがいいんじゃないかな‥曖昧な関係はお互いに良くないんじゃないかな‥って。

サンチョルは辛い時期がしばらく続きますが、なんとか乗り越えられるでしょう。なぜなら、パンウルはサンチョルに友達になることを約束したからです。

そう、今後は友達として仲良くやっていけばいいんです!


最後までご覧頂きありがとうございました(*^_^*)
それでは〜次回更新までお楽しみに!!




<愛はぽろぽろ-あらすじ-全話一覧>
愛はぽろぽろ-全話一覧はこちら←




<スポンサードリンク>








<愛はぽろぽろ-相関図・キャスト情報>
相関図・キャスト情報はこちら←




<ブログ内おすすめ☆韓国ドラマ>

ヘチ-全話一覧

不滅の恋人-全話一覧

100日の郎君様-全話一覧

逆転のマーメイド-全話一覧

オクニョ運命の女(ひと)-全話一覧

posted by 韓ドラ大好き☆トキ at 22:47 | 韓国ドラマ 各話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする