2020年02月24日

韓国ドラマ-マイヒーリングラブ-あらすじ-58話-感想とネタバレ!

韓国ドラマ【マイ・ヒーリング・ラブ】あらすじ58話の感想とネタバレをお届けします〜♪

■最高視聴率・・・16.0%!
■CAST・・・ソ・ユジン「じゃがいも星」/ヨン・ジョンフン「ローズマリー」
ユン・ジョンフン「恋のハイヒール」





<スポンサードリンク>








韓国ドラマ-マイヒーリングラブ-あらすじ

マイヒーリングラブ-第58話
遺伝子検査によりチウとヒョシル、ジェハクとの血の繋がりが証明され‥。長年の苦労と涙が報われたと、家族みんなで歓喜に沸いたヒョシル一家。しかしその幸せムードは一転し、今は暗いお通夜ムードに包まれています。

その理由は、チウのカバンの中から衝撃のメモが見つかったからです。どうかお願いします‥このことを大事に育ててあげてください‥。このメモの発見により、チウは絶望に襲われてしまいました。

そして自分に自信を失くし、将来を悲観するようになったのです。私は捨てられた子供‥家族に必要のなかった人間‥こんな私と居ても家族は不幸になる‥。完全に一方的な見解ですが、ネガティブ一直線な負のスパイラルは止まらなくなります。

一方、ジョンスンはワンスンとミヒャンの関係を知り、ミヒャンの依頼を断りました。するとワンスンはこれに反発し、自分とミヒャンはそういう関係じゃないと訴えます。別に浮気したわけじゃないし‥それに彼女は困ってるんだから‥依頼を受理すべきだ‥と。

しかし先々のことを慎重に考えるジョンスンは、ワンスンの訴えを退けます。

万が一、ワンスンとミヒャンの関係が相手方にバレたら、大変なことになる‥。そうなったら、ワンスンはハンスグループの後継候補から外れるだろう‥母さんも絶望する‥。さすがは弁護士のジョンスン‥よこしまな思いがあるとはいえ、鋭い慧眼でした。

一方、チウはソンジュを相手に、なぜ自分を捨てたのかと追及します。

この点だけはどうしてもはっきりさせたいの!だから正直に答えて!ねえ、どうして捨てたの?私のことが嫌いだったの?自分の子供と幸せに暮らしたいから、私が邪魔だったの?矢継ぎ早に質問を浴びせかけるチウに対して、ソンジュはまともに返答すらできず‥。

ただただ涙を流しながら謝罪し、下を向くことしかできないのでした。

ごめんなさい‥確かに私のせいであなたと家族に迷惑をかけることになった‥。でもね‥私はあなたを捨てたわけじゃないのよ‥私は探したけど見失っただけなの‥。素直に罪を認めて謝罪すると見せかけて、ソンジュは自分の立場を守ろうとします。

つまり、彼女はチウを迷子にしたのは事実だが、自ら置き去りにして捨ててはいないと言ったのです。ソンジュはこのロジックでなんとか押し切り、さらにチウに土下座して許しを請います。

お願い‥私だってずっと良心の呵責に苦しんできたの‥決して平気だったわけじゃないの‥。だから今回だけは‥その労苦に免じて許してほしい‥そしてイユとジンユにも話さないでほしい‥。表面的な謙虚さの裏に見え隠れする、自己保身と厚かましい性格。

怒りで身が震える思いのチウも、さすがに呆れ返っていました...。


感想
チウを捨てたのは事実だけど、これまで一度として安心できたことはなかった‥。

ソンジュはこのように述懐しましたが、これはこれで事実というか、本音でしょうね。ただし、事実だからといってこれが免罪符になるわけではありません。

幼気なチウを捨てたのは厳然たる事実であり、罪なのですから、それに対して償うべきです。じゃあどうすれば償えるのか‥その方法を決めるのはソンジュではなく‥被害を受けたチウです。そのチウが家を出て行けと言ってるのですから、ソンジュはまずは家を出るべきでしょう。

一方、今のソンジュの姿を見て思ったのは、臆病になることが罪への入り口になるということです。あの時‥チウと二人きりになったとき‥ソンジュが臆病風に吹かれることなく勇気を持っていたら‥。今頃、彼女は幸せに暮らせていたはずで、チウも苦労することはありませんでした。


最後までご覧頂きありがとうございました(*^_^*)
それでは〜次回更新までお楽しみに!!




<マイヒーリングラブ-あらすじ-全話一覧>
マイヒーリングラブ-全話一覧はこちら←




<スポンサードリンク>








<マイヒーリングラブ-相関図・キャスト情報>
相関図・キャスト情報はこちら←




<ブログ内おすすめ☆韓国ドラマ>

ヘチ-全話一覧

不滅の恋人-全話一覧

レディの品格-全話一覧

オクニョ運命の女(ひと)-全話一覧

逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-全話一覧

posted by 韓ドラ大好き☆トキ at 23:39 | 韓国ドラマ 各話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする